ダルメシアンかと思った

初めたハワイに行ったときです。

日焼け止めを塗って出かけてはいたのですが、滞在3日めくらいから両方の手首から手の甲のあたりに、大小の様々な大きさのシミができました。

朝起きると、薄っすらと手に茶色っぽいものが・・・。「?」と思ってシャワーを浴びて体を洗ったのですが落ちません。

なんか触っちゃったのかな?植物とかにかぶれたのかな?

と、知らない土地にきたので、自分の何か不注意だったんだろう。とさほど気にしないでいました。

でも、お昼ごろになると、汚れだと思っていたそのシミが、色濃くなってきて、まるでダルメシアンのようになってきました。

困ったなぁ。と思ってはいましたがどうすることもできず、日本に帰ったらなんとかしよう。と日焼け止めだけは毎日欠かさず塗っていました。

そのシミの色はそれ以上濃くなることはありませんでしたが、ひじの方へ向かい範囲は少しずつ広がっていきました。

その他、気休めかもしれませんが、ハワイはフルーツがおいしいので、なるべくビタミンCを取ることを心がけていました。

すると1週間位でなんとシミが消えました。引っ込んだという感じです。

それからそのシミは出たことがありませんが、日差しの強い日に長時間外に居たときには、なんとなく同じ場所にシミがうっすら見えるような気がします。

結局自然に治ってしまったので、病院に行ったり治療したりもしておらず、何が原因なのかよくわかりません。

もしかしたら、おばあちゃんになった時、また一気に手にシミがでてくるのかなー。と思ったりしています。